台東池上伯朗大道,因金城武廣告而聲名大噪,在樹下乘涼喝茶同時也闡述著台灣人熱情好客的奉茶精神。 

馬祖芹壁村

芹壁村は特徴的な地形や建築などから広告写真や映像によく使われることから、「馬祖の地中海」として知られており、北竿の最も重要な景勝地の一つでもあります。

芹の壁は閩東式建築で、使用されている石材の材質は粗く、黄褐色、赤レンガ色などの花崗石が積み上げられています。山を背に海に面していて、階段状に積み重なった家屋が幾重にも入り組んでおり、馬祖閩東建築の最も代表的な集落と言えます。

媽祖を祭っている天后宮は芹壁村の人々の信仰が厚く、天后宮は馬祖地区で集落を守っています。

現在では多くの古民家がゲストハウスやカフェに変わっています。もともと住んでいた村人たちは、初期はえび漁をして暮らしていましたが、その後漁業が衰退し、多くの若者は大台湾本土に移住し生計を立てていたため、人口が減少し、村落の繁栄は次第に消えていきました。そのため、過度の開発もなく、残された多くの空き家は、取り壊されることなくそのまま残っています。のちに古い建物を保存する考えが生まれ、壊れた建築物は改修計画が進められ、多くの観光客の紹介により観光地として人気が出てきて、芹壁村は新しい姿を見せています。

芹壁の集落を歩いていると、戦争時代に残されたスローガンが随所に見られ厳粛な雰囲気を感じることができます。

福澳港に入る時、「枕戈待旦」と書かれた大きな紅い4文字を目にします。ここが馬祖の海の玄関口、ランドマークともいえる枕戈待旦記念公園です。「枕戈待旦」の意味は、「矛を枕にして寝て、あしたを待つ」すなわち戦いの準備をいつも怠っていないということ。1958年7月、蒋介石元総統が馬祖を訪れた際、馬祖の軍人と一般の人々が祖国復帰への志を忘れていないことに痛く感動し、この文字を書いたそうです。

馬祖には無汚染水域で育った新鮮なムール貝があり、多くのフランス料理店のシェフ達が馬祖へ買付に訪れます。毎年5~10月が旬で、肉質は甘くて弾力性があり、水煮、焼き物などどんな料理にも使えて、食べた人みんなを満足させています。

02-8791-0223     info@mingyfood.com

 台北市內湖區金湖路30號

©2020 銘毅國際有限公司  版權所有

02-8791-0223     info@mingyfood.com

No. 30, Jinhu Rd., Neihu Dist., Taipei City 114, Taiwan (R.O.C.)

© 2020 Ming Y International Corp. All rights reserved.

02-8791-0223     info@mingyfood.com

台北市内湖区金湖路30号

©2020 铭毅国际有限公司  版权所有