台東池上伯朗大道,因金城武廣告而聲名大噪,在樹下乘涼喝茶同時也闡述著台灣人熱情好客的奉茶精神。 

大池豆皮店

大池豆皮店は50年近くの歴史を持ち、台東で唯一の手作り湯葉工場であり、豆乳、豆花、乾燥湯葉を製造しています。


当初の湯葉の販売対象は、豆腐の販売店でしたが、その後、小売販売もするようになりました。両面を焦がして中は柔らかい湯葉は、調味料を使わず大豆の風味だけの手作りで香ばしい湯葉のフライパン焼は、観光客の定番コースになりました。営業時間はとても変わっていて、午前7時~売り切れまで!

「大池豆皮店」の湯葉製造工程は全て公開されています。工場内はシンプルなキッチンで、昔からの製法を踏襲しており、大豆を加工した後、豆かすと大豆乳をろ過し、薪焚き蒸気で蒸します。大豆乳は豆乳プールで高温調理され、作業員が豆乳の表面の固化した膜を素早くすくい上げて、竹製の棚に一枚一枚かけてゆき水気を切ります。それから湯葉の両面を黄金色になるまで炒めれば完成です。

台北で豆花を食べる場合、普通は薄い豆花にトッピングとシロップを加えて食べますが、大池豆皮店の豆花は、濃厚で一口で豆の風味を強く感じることができます。
もう一つの人気商品は、時間をかけて一枚一枚丁寧に広げていく乾燥湯葉です。購入者は、臭いや酸味を気にせずに調理ができて、セロリの炒め物や火鍋などに入れるととても美味しいです。「大池豆皮店」の製造工程で添加剤や消泡剤を加えていないのが、現代人が本来の食生活を追求する上で最も気になる成分の健康問題です。もう1つの大きなプッシュは、乾干した大豆の皮を一枚ずつ広げて時間と引き換えに乾燥させた大豆の皮を観光客に買ってもらうことができます。臭みや酸味の心配がなく、料理にセロリを入れたり、鍋を煮たりしても美味しいです。
「大池湯葉専門店」は製造工程で添加物や消泡剤を使用しないことで、現代人が食材の健康問題を意識して、食べ物本来の味を追求しています。

02-8791-0223     info@mingyfood.com

 台北市內湖區金湖路30號

©2020 銘毅國際有限公司  版權所有

02-8791-0223     info@mingyfood.com

No. 30, Jinhu Rd., Neihu Dist., Taipei City 114, Taiwan (R.O.C.)

© 2020 Ming Y International Corp. All rights reserved.

02-8791-0223     info@mingyfood.com

台北市内湖区金湖路30号

©2020 铭毅国际有限公司  版权所有